日経225投資

日経225を使用した投資金融商品

日本の株式市場の株価指数で代表的な一つに

 

日経平均株価》があり、

 

日経225
とも呼ばれています。

 

 

 

 

何故、
日経225と呼ばれているのかご存知ですか?

 

 

 

 

その理由は、
東京証券取引所第一部に上場している
1700銘柄の株式な中から225銘柄を対象に

 

日本経済新聞社が算出、公表しているからなんです。

 

 

 

その時間は15秒毎で、日本の株価指標としては東証株価指数(TOPIX)と並び普及しています。

 

 

日本経済新聞社という完全民間が作成している経済指標でありながら、
日本政府の経済統計としても使用されている経済指標なんです。

 

 

 

計算方法

 

ダウ平均株価は株価平均型方式を基にした計算方法で修正平均を算出するのに対し、
日経225では、東証第一部上場銘柄のうち、取引が活発で流動性の高い225銘柄を選定して、
業種のばらつきなども考慮に入れながら、定期的に入れ替えを行います。

 

株式分割などの際には、分母(除数)の修正などを行うことで、連続性は保たれています。

 

 

銘柄の変更

 

銘柄の変更は、1970年以降ほぼ毎年数銘柄の入れ替えが行われています。

 

入れ替えは流動性の低い銘柄から流動性の高い銘柄に置き換えるのが基本になっています。

 

銘柄変更時には一時的に、除外時と除外を埋める採用時にう時間的な間隙ができてしまい、
数日間225に満たない銘柄になる時があります。

 

最近では2010年3月29日から4月2日まで223銘柄で計算されていたことがあります。

 

 

 

 

額面制度

 

2001年の商法改正で株式の額面制度は廃止されていますが、
日経225では《みなし額面》を各銘柄についを定めています。

 

 

株価は市場価格をそのまま用いるのではなく、
みなし50円額面に換算して計算されます。

 

大半の銘柄は50円飲みなし額面ですが、
一部の銘柄で50円以外の美なし額面の銘柄があります。

 

みなし額面の一覧は、日本経済新聞社で公表されています。

 

 

225銘柄

 

2015年現在の225銘柄は次の通りです。

 

食品(11社)
日清製粉グループ本社・日本ハム・サッポロホールディングス・アサヒグループホールディングス・キリンホールディングス・宝ホールディングス・キッコーマン・味の素・ニチレイ・日本たばこ産業・明治ホールディングス

 

繊維(5社)
東洋紡・ユニチカ・日清紡ホールディングス・帝人・東レ

 

パルプ・紙(3社)
王子ホールディングス・北越紀州製紙・日本製紙

 

化学工業(18社)
三菱ケミカルホールディングス・昭和電工・住友化学・日産化学工業・日本曹達・東ソー・電気化学工業・信越化学工業・トクヤマ・三井化学
・宇部興産・日本化薬・花王・クラレ・旭化成・富士フイルムホールディングス・資生堂・日東電工

 

医薬品(8社)
武田薬品工業・アステラス製薬・大日本住友製薬・塩野義製薬・中外製薬・エーザイ・協和発酵キリン・第一三共

 

 

石油(2社)
JXホールディングス・昭和シェル石油

 

ゴム(2社)
横浜ゴム・ブリヂストン

 

窯業(9社)
旭硝子・日本板硝子・住友大阪セメント・太平洋セメント・東海カーボン・TOTO・日本碍子・日本電気硝子・日東紡績

 

鉄鋼業(5社)
新日鐵住金・神戸製鋼所・JFEホールディングス・日新製鋼ホールディングス・大平洋金属

 

非鉄金属・金属製品(12社)
SUMCO・古河機械金属・三井金属鉱業・東邦亜鉛・三菱マテリアル・住友金属鉱山・DOWAホールディングス・日本軽金属ホールディングス・古河電気工業・住友電気工業・フジクラ・東洋製罐

 

機械(16社)
オークマ・アマダ・小松製作所・住友重機械工業・荏原製作所・千代田化工建設・ダイキン工業・日本精工・NTN・ジェイテクト・クボタ・日本製鋼所・日立造船・三菱重工業・IHI・日立建機

 

電気機器(29社)
アドバンテスト・ジーエス・ユアサコーポレーション・大日本スクリーン製造・キヤノン・リコー・東京エレクトロン・ミネベア・カシオ計算機・日立製作所・東芝・三菱電機・富士電機・安川電機・明電舎・日本電気・富士通・沖電気工業・パナソニック・シャープ・ソニー・TDK・ミツミ電機・アルプス電気・パイオニア・横河電機・デンソー・太陽誘電・京セラ・ファナック

 

造船(2社)
三井造船・川崎重工業

 

自動車・自動車部品(9社)
日産自動車・いすゞ自動車・トヨタ自動車・日野自動車・マツダ・本田技研工業・スズキ・富士重工業・三菱自動車工業

 

精密機器(5社)
テルモ・ニコン・オリンパス・コニカミノルタホールディングス・シチズンホールディングス

 

その他製造(3社)
凸版印刷・大日本印刷・ヤマハ

 

水産(2社)
日本水産・マルハニチロホールディングス

 

鉱業(1社)
国際石油開発帝石

 

建設(8社)
コムシスホールディングス・大成建設・大林組・清水建設・鹿島建設・大和ハウス工業・日揮・積水ハウス

 

商社(7社)
伊藤忠商事・丸紅・豊田通商・三井物産・住友商事・三菱商事・双日

 

小売業(8社)
セブン&アイ・ホールディングス・J.フロント リテイリング・三越伊勢丹ホールディングス・ファーストリテイリング・高島屋・丸井グループ・イオン・ユニーグループ・ホールディングス

 

銀行(11社)
りそなホールディングス・三井住友トラスト・ホールディングス・三菱UFJフィナンシャル・グループ・千葉銀行・横浜銀行・静岡銀行・あおぞら銀行・ふくおかフィナンシャルグループ・三井住友フィナンシャルグループ・みずほフィナンシャルグループ・新生銀行

 

証券(3社)
松井証券・大和証券グループ本社・野村ホールディングス

 

保険(6社)
東京海上ホールディングス・T&Dホールディングス・ソニーフィナンシャルホールディングス・MS&ADインシュアランスグループホールディングス・第一生命保険・NKSJホールディングス

 

その他金融(1社)
クレディセゾン

 

不動産(6社)
三井不動産・三菱地所・平和不動産・東京建物・東急不動産・住友不動産

 

鉄道・バス(8社)
東武鉄道・東京急行電鉄・小田急電鉄・京王電鉄・京成電鉄・東日本旅客鉄道・東海旅客鉄道・西日本旅客鉄道

 

陸運(2社)
日本通運・ヤマトホールディングス

 

海運(3社)
日本郵船・商船三井・川崎汽船

 

空運(1社)
ANAHD

 

倉庫・運輸関連(1社)
三菱倉庫

 

情報・通信(6社)
KDDI・日本電信電話・NTTデータ・ソフトバンク・スカパーJSATホールディングス・NTTドコモ

 

電力(3社)
東京電力・中部電力・関西電力

 

ガス(2社)
東京ガス・大阪ガス

 

サービス業(7社)
東宝・東京ドーム・セコム・コナミ・電通・ヤフー・トレンドマイクロ


日経225を利用したオプション投資

日経225の指数を元にした投資商品は、多数存在するのですが、

 

中でも、注目しているのが、

 

バイナリーオプションです。

 

 

 

そもそもイギリスで発祥したのが2003年と言われていますので、投資商品の中では新しい部類に入ります

 

日本には上陸してまだ数年しか経っていないため、FXに比べるとあまり知られていませんが、

 

FXをより現代風に洗練した内容にしたのが、バイナリーオプションの特徴と言えます。

 

FXやCFDと言った金融商品もバイナリーオプションと同じ、オプション取引商品なのですが、

 

バイナリーオプションは、今までトレード型の投資をして来なかった人でも、すぐに投資に参加出来るような仕組みにスキームが組み立てられています。

 

 

ある意味、画期的な投資商品と言えます。

 

なぜなら、投資と言うのは、総じて相対取引なので、勝つ人、負ける人とその両方が必要になるのですが、
バイナリーオプションであれば、一般人の参加を増やす事が多いに期待出来る内容となっているため、
投資人口の底上げが期待出来るのです。

 

上で紹介したサイトを見ればわかりますが、
バイナリーオプションであれば、日経225を利用したオプション投資トレードが、

 

今から20分後には実際にあなた自身の判断で投資を始める事が出来るのです。

 

 

 

この事は、今までの投資と言う概念ではちょっと信じられないものになります。

 

そして、投資初心者の参入が多いと言う事は、投資を勉強している人からすると、

 

とても、勝ち易い内容になっているとも言えるのです!

 

バイナリーオプションに興味がある人にはこちらのサイトで詳しく解説されていますのでお勧めです!

 

バイナリーオプションとは?動画解説

 

バイナリーオプションでは日経225以外にも、様々な為替、株式、ゴールド、オイルなどの相場に対してトレードが出来る仕組みになっていますので
自分の得意な市場(マーケット)を見極める事も重要になります。

 

基本的には、一度のトレード金額を、自己資金の割合に対して、最小ロットで投資をするのが
セオリーなので、

 

トレードだが、リスクを少なく複利で運用する形なので

 

堅い投資運用が可能な形になっています


日経225オプション取引とは

日経225を使用した金融商品の日経225オプション取引ですが、

 

そもそも、「オプション取引」とはどんな取引のことなのかご存知ですか?

 

 

オプション取引とは、
あらかじめ決められた将来のあらかじめ決められた価格で売買をする権利のことです。

 

 

権利という形のないものを扱う売買で、

 

たとえば、今日買った権利が、

 

約1ヶ月以内の期日までに発生することがなければ、
その権利に支払った資金は消えてなくなってしまいます。

 

 

逆に権利が出現すれば、大きな利益を得ることができるのです。

 

 

 

日経225オプション取引では、
あらかじめ決められた期日に日経平均株価を、
あらかじめ決められた権利行使価格で、売買をする権利を指します。

 

 

よって、日経225オプション取引では、
日経平均株価が約1ヶ月以内(通常は満期日=SQまで)の間に、
上昇すると思ったらコールを買い、下落すると思ったらプットを買うことになります。

 

 

 

そして、オプション取引では、
損失は投じた資金以内に限定されていますが、利益は無限大に得られる可能性があります。

 

 

 

オプションの種類として、

 

売買の買う権利を《コール》と呼び、

 

売る権利を《プット》と呼び、

 

 

【コールの買い】【コールの売り】【プットの買い】【プットの売り】の4種類があります。

 

 

 

 

オプション取引は、本来単独で売買されることはありません。

 

 

その理由は、この金融商品はもしものことが起きなければオプションは消滅するからです。

 

 

したがって、オプション買いは、
先物取引、裁定取引、オプション同士などと組み合わせて行われるデリバティブの中で
ヘッジの役割を与えられる保険的役割を与えられる金融商品として作られたと言えるでしょう。

 

 

 

 

取引には期限があり、
取引最終日を迎える月を《限月》と呼び、
日経225オプション取引では、

 

1つの限月取引が終わったらその翌日から新しい限月取引が始まり、常に19の限月取引が行われているんです。

 

 

 

取引最終日まではいつでも反対売買をすることが可能で、
買いポジションの場合は転売を、売るポジションの場合には買い戻しをすることによって決済を行います。

 

もし取引最終日までに決済を行わなかった場合には、権利の行使か放棄をすることになります。

 

 

満期に時点で買い手にとって実質的な利益(本質的価値)がある場合には、
自動的に権利の行使となり、実質的な利益がない場合には、自動的に権利の放棄となってしまいます。

 

 

 


日経平均プロフィルをチェックしよう!

記事の内容でも紹介していますが、

 

日経225は、変わったり

 

算定基準のルールが変更されたりします。

 

なので、日経225関連の投資活動を行う方は、定期的に

 

日経プロフィル

 

こちらのサイトをチェックする事もあわせてお勧めします!