日経225mini

日経225mini

日経225miniは日経225先物取引と同じ日経平均株価(日経225)を対象にした株価指数先物取引です。

 

 

取引方法などは日経225先物取引と同じですが、
いくつか日経225先物取引とは異なる点があります。

 

 

・取引単位

 

日経225先物取引が日経平均株価の1000倍に対して、日経225miniではその10分の1の100倍が最低取引単位(1枚)になります。

 

 

・呼値の単位

 

日経225先物取引の呼値の単位が10円で、10050円、10060円など10円刻みの値段で注文を行うのに対して、
日経225miniの呼値は5円単位になります。つまり10055円など5円刻みで注文でき、相場も5円刻みで変動します。

 

 

 

・証拠金

 

日本証券クリアリング気候が設定する証拠金も日経225先物取引の10分の1になります。

 

そのため日経225先物取引よりも小額で日経平均株価を対象にした先物取引を行うことが可能になります。

 

 

たとえば5万円の証拠金を差し入れることで16555円の先物価格を取引する場合に、
最低取引金額はその100倍になり1655500円になり、証拠金の33倍もの取引を行うことができます。

 

 

しかし、このレバレッジ効果は利益だけでなく、損失の面でも大きく作用します。

 

そのため相場の変動によっては証拠金を追加して現金で差し入れる必要が発生したり、
証拠金を上回る損失が生じる場合もありますので、取引を行う際にはこの点に十分注意する必要があります。

 

 

・証拠金の相殺

 

日経225miniの証拠金は日経225先物取引と同じSPANRで計算するため、
日経225miniと日経225先物取引を行った場合には、証拠金を相殺することができます。

 

 

たとえば、日経225miniで買いポジションを保有し、日経2225先物取引で売りポジションを持っていた場合に、
証拠金を相殺することが可能になります。

 

 

また、日経225オプション取引などの商品間の証拠金も日経225先物取引の総裁と同様にすることができます。

 

 

但し、日経225miniを10単位保有していても、
日経225先物取引と建玉相殺をすることはできないので、日経225先物取引の1単位と交換することはできません。

 

 

 

・清算数値

 

日経225miniは毎日のポジションを時価で評価し直して、証拠金の額に計算上の損失額を反映します。

 

この再評価する際に清算数値を時価として用います。

 

清算数値は日経225先物取引の同一限月の終値などを用います。

 

また日経225miniは日経225先物取引と同じ日経平均株価を対象とした株価指数先物取引ですので、
最終清算数値(SQ値)も日経225先物取引と同じということになります。

 

 

 

・限月

 

日経225miniは取引できる期限が決まっていて、この満期月を限月と呼びますが、
3月、6月、9月12月にうち13限月及びそれ以外の月のうち最も近い3限月が取引されます。

 

取引最終日は、各限月の満期日(SQ日)である第2金曜日の前日になります。

 

取引最終日の翌日に新しい限月の取引が開始され、
それぞれの限月の取引期間は6月、12月限が5年、3月、9月限げ1年6ヶ月、それ以外の限月は4ヶ月または5ヶ月になります。