日経225先物取引の魅力

日経225先物取引の魅力

日経225先物取引は、日経平均株価が対象で個別銘柄を選択、分析する必要がありません。

 

 

通常の個別銘柄に投資をする場合には、
上場廃止や倒産などのリスクを考えなければなりませんが、日経225先物取引ではそのようなリスクを考える必要はありません。

 

 

 

それ以上の日経225先物取引の魅力といえば、レバレッジ効果が働く所にあると言えます。

 

 

レバレッジ効果とは、「テコの原理を効かせる」ということで、借入により自己資金の何倍もの取引をすることが可能になり、
それだけ収益も自己資金だけの場合に比べ大きなものを得ることもできます。

 

 

先物取引では証拠金と呼ばれる保証金を預けて取引を行います。レバレッジの倍率にもよりますが、
たとえば1000円の証拠金を預け入れることで、10万円分の取引を行うことが可能になり、それだけの取引を行ったような投資効果を生み出すことができるのです。

 

 

実際の取引には、最低取引単位「枚」が日経平均株価の1000倍が必要になるので、50万円~60万円程度の証拠金が必要になります。

 

 

これはレバレッジ20倍に相当しますので、得られる効果も20倍ということになります。

 

 

通常株の信用取引の限界レバレッジは約3倍だということを踏まえると、その凄さがわかると思います。

 

 

仮に日経平均株価が1000円上がると、取引単位が1000倍なので100万円でることになり、逆に1000円下がってしまうと、
100万円の損失を出してしまうことになり、証拠金よりも損失が大きくなってしまうため、追証と呼ばれる追加証拠金を入れなければならなくなる可能性があります。

 

 

 

このようにレバレッジ効果を資金効率が良いと感じるか、
または怖いと感じるかは人それぞれですが、日経225先物取引初心者は、先ずは2~3倍程度のレバレッジではじめる方が無難かもしれません。

 

 

ある程度取引の回数を重ねて、取引に自信ができたらレバレッジを上げていく方がリスクは抑えられるはずです。

 

 

それでも怖いと感じる方は、日経225miniでの取引をおすすめします。

 

日経225miniでは、日経225先物取引の10分の1の最低取引単位で取引することができます。

 

資金にして5万円~6万円程度で取引ができるので、初心者の方はこの日経225miniからはじめてみるのも良いかも知れません。

 

 

また、証拠金を預けることで、日経平均株価指数を買っていなくても、
借りるという形をとることで、売りから入ることも可能になります。そのため下げ相場のときでも利益を得ることが可能になるのです。