日経225先物

日経225先物取引とは

日経225を使用した金融商品の日経225先物取引ですが、

 

そもそも、「先物取引」とはどんな取引のことなのかご存知ですか?

 


先物取引とは、
あらかじめ決められた将来のあらかじめ決められた価格で売買を保証するもののことです。

 

あらかじめ決められた将来(満期日)を《限月》といい、

 

取引できる期間は各限月の第2金曜日の前日までで、

 

取引最終日までに反対売買で決済しなかった場合には、

 

満期日にSQ値で自動的に決済されてしまいます。

 

 

そのため購入後ずっと持ち続けることはできません。

 

また、あらかじめ決められた価格は限月ごとに異なります。

 

 

 

将来、日経225平均株価が上昇しそうなら「買い」からスタートしますが、
下落しそうな時は「売り」からスタートの注文を出すことができます。

 

 

通常の売買では現物を持っていない限り売りからスタートすることは有り得ませんが、ここが先物取引の特徴とも言えます。

 

 

高く売って安く買い戻すことで利益を得ることができるので、
下げ相場の時でも利益を得ることが可能になるのです。

 

予想どうりの価格変動ならば反対売買によって利益を得られ、
予想とは違った価格変動をすると損失が発生します。

 

 

 

日経225先物取引の最低取引単位は日経平均株価指数の1000倍になります。

 

 

仮に日経平均株価指数が10000円だったとすれば酢の1000倍の1000万円になります。

 

 

しかし、実際に1000万円の資金が必要になるわけではありません。

 

予約を入れるのに証拠金を証券会社に入れることで、その数倍の取引が可能になるからで、それがレバレッジ効果です。

 

 

たとえば日経平均が10000円だったとすれば証拠金は50万円~60万円の保証金を預けることで取引ができる証券会社が多いのです。

 

 

50万円の資金で1000万円の取引ができるのだから、
予想どおりの価格変動をした場合には資金以上の大きな利益を得られることになります。

 

 

しかしその反面、予想と違い価格変動をした場合には大きな損失を受けてしまいます。

 

これを怖いと感じるか、資金効率が良いと感じるかは人それぞれですが、
日経225先物取引では取引額が大きいのは事実で、やはりそれなりの資金が必要なのは確かです。

 

 

 

しかし、日経225先物では、
最低取引単位を10分の1にした日経225miniがあり、
日経225先物を扱うには資金が大き過ぎると考えるのならば、
日経225miniの取引をすることをおすすめします。

 

 

 

日経225先物取引と日経225miniではいくつかの相違点があるので注意が必要です。