日経225先物取引の特徴

日経225先物取引の特徴

日経225を使用した金融商品の日経225先物取引ですが、

 

そもそも、「先物取引」とはどんな取引のことなのかご存知ですか?

 

 

先物取引とは、
あらかじめ決められた将来のあらかじめ決められた価格で売買を保証するもののことです。

 

 

たとえば日経225先物取引は、

 

日経平均株価指数が10000万円だったとして、

 

期限日に10000円で買う予約を入れることです。

 

 

期限日に日経平均株価が11000円になっていれば1000円得したことになるし、
逆に9000円になってしまていたら予約の10000円で買わねばならず、
1000円損をすることになります。

 

 

 

しかし、日経225先物は期限日まで持ち続ける必要はなく、
10000円の日経平均株価が10010円に値上がりした時時点で売ることも可能です。

 

 

 

その場合に差額の10円が利益になります。

 

期限までに日経平均株価が値下がりしそうだと予想した場合には、
その前に売って利益確定することもできるのです。

 

 

たとえそれが買って1分後でも問題はありません。

 

通常の日経225先物取引はこの取引を中心に行われています。

 

日経平均株価がこの先高くなると予想したら買い、
安気なると予想した場合は何時でも売れば良いのです。

 

この時に日経225先物を買った時には《買い建玉》といい、
日経225先物を売った時には《売り建玉》といいます。

 

 

また、日経225先物取引は、株券の受け渡しはありません。

 

損益のお金を受け渡す差金決済になるので、
証拠金が足りていれば自由にトレードができます。

 

 

 

日経225先物取引は個別銘柄を選んで投資するのではありません。

 

 

東証1部に上場している銘柄の中から日経平均採用銘柄として選別された株価の平均である日経平均に投資を磨るため、
分散投資のが可能で、グローバルな値動きを追いやすい金融商品ということができます。

 

 

 

しかしその一方で良く理解しておかなければいけないことがあります。

 

それは取引単位が、通常の場合1000万円単位での取引であるということです。

 

 

つまり、
日経平均金額の約1000倍の金額で取引をすることになるので、損益は思いの外大きくなります。

 

 

今年5月に2日続けて変動幅が1000円を超えたことがありました。

 

10円の変動でも1万円の損益が出るのに、二日間で200万円もの損益が出ることになります。

 

 

利益なら良いのですが、損失での200万円は大きく、
証拠金を超えてしまう可能性もあるので、十分な注意をする必要があるのです。